そばの散歩道特集メニューへ次ページへ


第15回 江口まゆみさん(酔っぱライター)

飲んで食べる。
これが健康法?

第15回
江口まゆみさん
(酔っぱライター)

江口まゆみ(えぐち まゆみ)
神奈川県出身の酒紀行家。「酔っぱライター」として世界の地酒を飲み歩く旅をライフワークにして、酒飲みの視点から酒・食・旅に関するルポやエッセイを手掛ける。これまでに20カ国以上を旅して、訪れた日本酒、地ビール、地ワイン、地焼酎の蔵は100カ所以上にのぼる。著書に『東南アジア酔っぱらい旅』(光文社知恵の森文庫)、『チリ・ペルー・ボリビア酒紀行!』(三修社)、『酔っぱライター南部アフリカどろ酔い旅』(河出書房)、『ニッポン全国酒紀行』(文春文庫)、『ニッポン酔い酒・飲(や)れる酒』(小学館)、『うま酒温泉へようこそー関東甲信越篇ー』(平凡社)などがある。SSI認定利酒師。JCBA認定ビアテイスター。
公式サイト「酔っぱライタードットコム」
http://yoppawriter.com

子どものころ
お酒に目覚める

― いつごろからお酒に目覚めたのですか。

江口 父の膝の上にいたころから、知らない間に少しずつ飲まされていたらしいんです。小学校時代から催し物の時にビールを少し飲むとか……こういう話、しちゃまずいんじゃない(笑)。父は、いつもは朝早く出かけて夜遅く帰宅するため、あまり相手になってくれない人なんですが、飲んで帰ってくると人が変わったように陽気になる。遊んでくれたり、話を聞いてくれたり、お小遣いをくれたりしたので、「お酒って、いいものだな」と思いました。飲んで楽しくなる、いいものだと、刷り込みをされたようなものです。

― 学生時代はどうだったんですか。

江口 大学時代は、とんでもない量を飲みました。一人暮らしで、毎日のように、先輩に奢ってもらっていました(笑)。

― 飲むときには、つまみなどは?

江口 何でもたくさん食べながら飲みます。10年ほど前まで、毎日二箱ぐらいたばこを吸っていましたが、食べ物をルポする仕事の関係上、舌の感覚に悪いので禁煙しました。たばこを吸っていたときは痩せていたんですけど、禁煙してからは食べ物がすごくおいして、太りました(笑)。それでも、もったいないから絶対に残さない(笑)。以前、浅草に住んでいたときは、よく昼酒をしました。おそば屋さんの空く午後の時間帯に行って、酒を一合と板わさ、最後にざるをいただく。

― 酒の肴には、どんなものをつくられますか。

江口 ゴーヤチャンプルーとかニラ玉とかアサリの酒蒸しとか。中華料理もつくります。その時のお酒は紹興酒です。

― ワインだったら、どんなものをつまみにしますか。

江口 パスタが好きなので、ペペロンチーノ、ボンゴレビアンコ、ペスカトーレビアンコなどをつまみにして飲みます。トマトソースベースでない方が好きかな。自分でもつくります。パスタのときのワインは白ワイン。赤も軽いものなら合いますね。

旅で出会った
めんの思い出

第15回 江口まゆみさん(酔っぱライター)

― 仕事でなく、飲むことが目的ならどんな店?

江口 銘柄のそろった店でも飲むし、お品書きに「酒」としか書いていない赤提灯の店でも飲みます。

― 一つの銘柄でなくて、次々にお酒を変えて飲むようなことはありますか。

江口 吟醸酒でも純米酒でも、いろんなお酒を続けて飲んでも平気です。仕事で酒蔵さんとお付き合いするので、取材に行った先で、何をいつ出されても全部飲めるようになりました。日本酒で乾杯をして、最後まで日本酒ということも多いです。

― 食べ物とお酒との相性はありますか。

江口 おそば屋さんだったら、天抜きを頼んで、最後にざるそばを食べるのが好きです。

― 地方で見つけたおいしいおそば屋さんは?

江口 最近では、伊勢神宮の内宮前にできたお店で食べましたが、おいしかった。お酒も充実していました。それから山形県の米沢盆地西部、雪深い山道の奥にある、普通の家みたいな店で食べた、田舎そば。あと長野県塩尻市の桔梗ヶ原にある山の中のおそば屋さん。ワインを仕込む時期に、現地の方に連れられて行きました。一番安い「がぶのみワイン」と一緒に食べるといいと言われたんですが、確かにそばとそのワインは合いました。

元気の秘訣は
一日一杯?

第15回 江口まゆみさん(酔っぱライター)

― そのほかのめん類はいかがですか。

江口 ラーメンも大好きです。旭川で、取材前日の夜中の三時ごろに行ったお店がおいしかった。福岡の豚骨系長浜ラーメンも好きで、よく食べます。

― うどんは?

江口 四国の讃岐のうどん屋さんは、ほとんど回りました。山の中に行列ができているのを見てびっくりしました。

― そんなに飲んだり食べたりして、体の具合が気になります。

江口 半年に一回、検査を受けていますが、ガンマGTPも正常。運動もしていますが、酒を飲むとストレスがなくなるからいいのかも? 逆に、お酒を毎日少しでも飲まないと、体調が悪くなる。たまに一日ぐらい空けることはありますが……。寝だめや飲みだめはできないですから、一週間飲み続けて、次の一週間を空けて、その次にまた一週間飲むというのは、体に良くない。とにかく、毎日、規則正しく飲んで、きちんと睡眠をとるのが私の健康法です。

(‘07年4月24日、港区台場レストラン「FERTILEファータイル」でインタビュー TEL 03-3599-7531)
撮影/ STUDIO MAX 高橋昌嗣




「めん好き登場!」メニューへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2010(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会