そばの散歩道特集メニューへ次ページへ


第11回 あさみ ちゆきさん(歌手)

井の頭公園の歌姫は、
うどんが大好物。

第11回
あさみ ちゆきさん(歌手)

あさみ ちゆき
山口県光市出身。小学校時代に演歌を聴いて以来歌にめざめ、高校時代に地元でのNHKのど自慢大会で優勝するが、チャンピオン大会で入賞できず、その悔しさをバネに歌手を目指す。上京後アルバイトをしながら最初はポップスに挑戦、のちに歌謡曲に進む。井の頭公園で毎月1回始めた路上ライブは110回を超え、300人以上のファンが集まり、5年経った現在も続けている。テイチクレコードのCDアルバム「あさみのうた」T・Uのほか、シングル「青春のたまり場」(阿久悠・作詞)がヒットし、2月1日に全曲阿久悠作詞のオリジナルアルバムを発売予定。
2月3日東京青山劇場でコンサートを開く。
ギターはCDデビューのために独習でものにしたという努力家。

小さいころから
「うどん命!」

― 「青春のたまり場」がヒットし、忙しくて大変でしょう。

あさみ ありがとうございます。今度、阿久悠先生が全曲書き下ろしたアルバムをつくることになっていて。今、少し風邪気味なんですが、もうすぐ録音が始まります。

― 今日は、まずめん類のお話をお聞きしたいと思います。どんなめん類がお好きですか。

あさみ うどんをよく食べます。必ず一週間に三食くらいは食べますね。毎日食べても飽きません。故郷でも、子どものころから好きでした。おそばは上京するまで食べたことがなかったんです。

― 関東のつゆは黒くて、関西は白いと言いますね。

あさみ 山口もつゆは、関西風で白いですね。でも、味はしょっぱいんです。だしはトビウオのアゴとかを使います。うどんは素うどん(かけうどん)が好きです。上京後、事務所の社長のお友だちで、香川県の高松市出身の方がいて、渋谷に讃岐うどんのお店を出されているんです。そこで食べたうどんすきがすごくおいしかった。

― 具がいろいろ入っている。

あさみ 具も多いのですが、うどんが硬すぎることもなく、やわらかすぎることもなく、歯応えがちょうどいい。そのお店は、開業35周年を迎えたそうです。

― おそばは上京してから初めて食べたとか。

あさみ 東京はおそば屋さんが多いですし、ラジオ番組の取材で手打ちそばを実際にやったりして、おそばにも興味を持ちました。でも、やはり私には、うどんの方が合うようです(笑)。

― 関東のおそばやうどんのつゆの色を見て、びっくりする人が多いようですが。

あさみ あまり気にしませんでしたが、確かに黒いと思いました。でも、食べてみれば、それほど濃くも辛くもなかったですね。

上京で知った
食べ物の違い

第11回 あさみ ちゆきさん(歌手)

― ほかの食べ物で、西と東の違いを感じた物はありますか。

あさみ 山口は、豚骨ラーメンが中心ですが、縮れていないストレートめんを使っています。上京してラーメン屋さんに行きましたが、東京ではストレートめんが意外にないんですね。インスタントラーメンは、「マルタイ」という九州の会社が有名です。

― ふだんの食事はどうされていますか。

あさみ つくります。ご飯と、わかめとか大根を具にした、いりこだしの味噌汁。おかずは、野菜を炒めたり、煮たりした、さっぱり系が好きです。ビールが好きなので、それに合うおつまみもつくります。砂肝を切って、もやしと一緒に塩、コショウで炒めると、いいおつまみになります。

― アルコールはいける方ですか。

あさみ 20代前半は結構飲みましたが、今はそんなに飲めません。ビールはサッポロの黒ラベルが好きです。たまたまサッポロの方にお会いする機会が合って、そのことを話したら、わざわざ送って下さって。

― ビール専門ですか。

あさみ 日本酒もワインも焼酎も飲まないんです。ビールは好きで、若いころ1ケース(缶ビール20本)を一人であけたことがあります(笑)。家にいる時は、なるべく飲まないようにしていますが。

母の味は、
海苔巻きのおにぎり

― 歌手にとって、のどに悪い食べ物はありますか。

あさみ 昔は、激辛料理が大好きだったので、月見うどんにいっぱい七味唐辛子をかけて食べたりしていました。でも、「辛い食べ物はのどに悪いよ」と言われて、最近は控えています。

― 辛い料理がのどに悪いのなら、韓国の歌手はどうするんでしょうね。

あさみ 今度、韓国の歌手の方にお会いになったら、聞いてみてください(笑)。

― 好きな食べ物は何ですか。

あさみ おにぎり!広島では何でもおにぎりにして、○○むすび、となるようですが、山口も何でもおにぎりにします。母の味も、塩だけで具のない、海苔巻きのおにぎりです。それに、お好み焼きも好きです。広島が有名ですが、山口もおいしいですよ。

― 調味料の好みはありますか。九州の人は、甘口の醤油でないと刺身も食べた気がしないそうですが。

あさみ 刺身は甘い刺身醤油、料理は普通の醤油を使っています。西は刺身醤油が甘いということは、上京してから知りました。

― 最後に、上京したてのころの食事の思い出をお聞かせください。

あさみ お金がなくて、一日一食!なんていう時もあったので、とにかくお金をかけずにお腹一杯に食べたいと、鍋にインスタントラーメンを入れて30分くらい煮るんです。そうすると、めんが増えて(笑)。味は問題外でしたが、それを食べてしのいだこともありました。バイト先が飲食店だったので、食べるものには恵まれていました(笑)。

(‘06年12月4日、原宿のテイチクレコード本社でインタビュー)
撮影/ 岡本好洋




「めん好き登場!」メニューへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2010(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会