麺類雑学辞典


そば屋の箸
 蒸籠やざる、丼、膳など、そば屋で使う食器は基本的に、そば屋文化が一応の完成を見た江戸時代後期からあまり変わっていない。まさに伝統食のわけだが、案外と見落とされがちなのが箸である。

 現在、そば屋で客に供する箸はほとんどが割箸といっていいだろう。しかし、飲食店で割箸が普及するようになるのは明治後期以降のことであり、そば屋の場合はもっと遅れて昭和初期以降のことといわれている。

 ところで、いうまでもなく日本は箸食文化の国であり、古来、材質、形状ともにさまざまな箸がつくられている。しかし、割箸はそれほど古いものではなく、『守貞謾稿』は文政年間(1818〜30)以降のこととしている。一説によれば、発明したのは鰻屋で、竹の割箸である。

 ご飯の丼ものはそば屋でも縁が深いが、現在の丼もののうち、最も早く登場したとされるのが鰻丼だ。文化年間(1804〜18)、江戸日本橋の芝居小屋の主人・大久保今助が、蒲焼きと飯を出前させると冷めてしまうため、丼鉢に飯と蒲焼きを重ね入れ、蓋をさせて取り寄せたことに始まるという。鰻丼はたちまち人気商品となったそうだが、その過程で割箸も発明されたのだという。鰻屋では竹の串を使うため、竹の割裂性に着目したのではないかというわけだ。

-1-


麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会