麺類雑学辞典


「あられ」と「みぞれ」
 冬季ならではのそばの種ものに「あられ(霰そば)」がある。幕末頃の風俗を記した『守貞謾稿』に紹介されていることは以前にも触れたが、もりそば一六文の江戸で、あられは花巻、しっぽくと同じ二四文(天ぷらは三二文)であった。文政8年(1825)の戯れ歌に、

風鈴のひヾきにつれてちる花は あられ蕎麦ともみえておかしや

という句があるから、文政の初めか、その前の文化(1804〜18年)の頃あたりに商品化されたものと考える。

 いうまでもなく、あられはバカガイの貝柱(子柱)を霰に見立て、そばの上に散らした種ものである。同様に霰に見立てた名称はけっこう多く、身近なところでは霰餅がある。日本料理では、材料を8ミリほどの賽の目に切ることを霰切りといい、タイなどの魚肉を細かく切って加えた粥は霰粥と呼ぶ。また、外面に粒状の突起を鋳出した茶の湯の釜を霰釜という。ちなみに、霰も雹(ひょう)も上空の水蒸気が氷の粒になって降ってくるものだが、雹の季節は夏で、冬は霰である。

 さて、あられは現在、そばに敷いた海苔の上に貝柱をのせて熱いかけつゆをかけるのが定法とされているが、『守貞謾稿』には、

ばかと云貝の柱をそばの上に加ふを云

と解説されているだけで、海苔には触れていない。海苔を敷くようになった時期もよくわかっていないが、おそらく明治以降のことではないか。あられを玉子とじにする「あられとじ」も同様だろう。


-1-


麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会