麺類雑学辞典


天ぷらそば
 そばの種ものの代表格といえば、やはり天ぷらそばだろう。江戸時代末期(天保8年・1837〜嘉永6年・1853)の風俗の記録『守貞謾稿』に出ている種ものは、天ぷらのほか、あられ、花巻、しつぽく、玉子とじ、鴨南蛮、親子南蛮で、そのほか、かしわ南蛮もあった。これらのうち、玉子とじ、親子南蛮、かしわ南蛮などは現在もポピュラーな種ものだが、天ぷらそばをしのぐ人気とまではいいがたい。

 天ぷらそばがいつ頃からあったのかは定かでないが、文政10年(1827)の川柳で次のように詠まれている。

沢蔵主天麩羅蕎麦が御意に入り

 このことから、少なくとも文政10年以前からそば屋で売られていたことがわかるわけだが、その発祥まではさかのぼれない。

 ところで、天ぷらそばが考案されたということは、その当時すでに、天ぷらが商品として売られて人気を得ていたと考えるのが妥当だろう。しかし、天ぷらの事情もまたはっきりしないのだ。天ぷらの起源については、山東京伝命名説など諸説が知られているが、南蛮料理に由来するのは確かとされる。

 いずれにしろ、江戸の天ぷらはまず、屋台料理として人気を博したらしく、辻売りの始まりは安永(1772〜81年)の初め頃から遅くも天明(1781〜89年)といわれる。文化2年(1805)の筆とされる『近世職人尽絵詞』には天ぷら屋台店の様子が活写されているが、それを見ると、当時の屋台天ぷらは種の魚介を串に刺して揚げたもので、屋台中央に置かれた大丼の中の天つゆに、客がめいめいにつけて食べたようだ。

-1-


麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会