麺類雑学辞典


江戸時代の屋台


 江戸でのそばの普及には、店を構えたそば屋だけでなく、夜そば売りが大きく貢献していた。夜そば売りが「夜鷹そば」と呼ばれるようになったのは、市中にそば屋が目立って増え始める18世紀半ば以降よりも、少なくとも20年ほど遡る。

 夜そば売りが重宝されたのは、ほかの飲食店が閉まっている夜中に営業していた(夜9時から明け方まで)ということもあるが、もうひとつ、一定の場所に店を構えるのではなく、自由に場所を移動できる形態だったということが挙げられよう。つまり、屋台での商売である。

 ただし、屋台といっても江戸時代には、大八車のように車輪のついた屋台はまだなかった。夜そば売りが使っていたのは、一人で担いで運ぶことができる「担い屋台」である。

 ちなみに、一人では担げないけれども、分解すれば移動できる仕組みになっている屋台のことは「屋台見世」といって区別した。

 時代が下るが、広重の天保(1830〜44)頃の作とされる『東都名所 高輪』(廿六夜待遊興之図)には、高輪の海岸近くに、すし、天ぷら、団子などさまざまな屋台が並んでいるさまが描かれている。そば屋の屋台も店開きしているが、屋台の形が他の店とは明らかに違う。他の屋台はみな作りのしっかりとした屋台見世だが、そば屋だけは担い屋台である。ふだんは町中を売り歩いている夜そば売りが、二十六夜の月見客目当てに駆けつけたのだろう。



-1-

space
麺類雑学辞典メニューへ 麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ 次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会