麺類雑学辞典


夜そば売り


 明暦3年(1657)の振袖火事は、江戸府内のほぼ六割を焼け野原にしたが、その復興のために大量の労働者が江戸に流入した。当然、外食需要が急速に高まり市中に煮売り(振売り)が急増するが、その煮売りの中から、夜中に屋台でそばを売り歩く夜そば売りも生まれた。

 もっとも、最初の頃の主力商品はそばではなくうどんで、貞享3年(1686)の町触には、「饂飩蕎麦切其外何ニ不寄、火を持ちあるき商売仕候儀一切無用ニ可仕候」とある。幕府は火事対策として夜の煮売りを禁止していたが、禁令を無視して夜中から明け方近くまで売り歩く煮売りが多かったようだ。ただし、夜売りの期間は、陰暦9月9日の重陽から3月3日の雛の節句までと限られていたという。

 江戸市中のそば屋の数が増え始めるのは18世紀半ば以降のことで、夜の麺類の煮売りがそば中心に変わるのは安永(1772〜81)頃のこととされる。しかし、それよりも早く元文(1736〜41)頃から、夜そば売りが「夜鷹そば」と呼ばれるようになる。

 夜鷹とは、夜間に道端で客の袖を引いた街娼のことだ。夜そば売りが夜鷹そばと呼ばれた理由は不明だが、客に夜鷹が多かったからとか、そばの値段一〇文が夜鷹の代金と同じだったから、あるいは夜鷹と同様に夜になると現れて商売したからなど諸説がある。売り物は温かいぶっかけ専門だった。


-1-

space
麺類雑学辞典メニューへ 麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ 次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会