麺類雑学辞典


たぬき


 たぬきはきつねとともに、最も大衆的な種ものの代表とされているが、かけそば(かけうどん)に揚げ玉をのせるだけだから、きつねよりもはるかに簡便な種ものである。きつねの場合は少なくとも、油揚げを甘く炊くのに手間がかかる。また、天かすを利用するのだから、最も材料費のかからない種ものということもできる。

 つまり、最も気軽な種もののわけだが、なぜ「たぬき」と呼んだのか、その由来ははっきりせず、いくつかの説がある。

 たとえば、種らしいものが入っていないことから 「たねぬき」となり、それがさらに転じて「たぬき」になったという説。揚げ玉は天ぷらの揚げかすなのだから、とても「種」とはいえないということだろう。

 また、揚げ玉のこってりとした味や色合いがタヌキに似ているためという説もあるが、色合いはともかく、味となるとその根拠は何かということになる。

 そこで思い浮かぶのは、江戸時代から行われた狸汁だろう。別名、むじな汁。本来はタヌキの肉を大根、ゴボウなどと煮た味噌味の汁である。一般に、江戸時代までの日本では肉食は忌避されていたと思われがちだが、実際には意外と食べられている。ただし、獣肉食などご法度の寺院では、夕ヌキの肉の代わりにコンニャクを用いたそうで、現在、料理で狸汁といえば後者を指す。揚げ玉のこってりとした味から、どちらの汁の味が連想されていたのだろうか。



-1-

space
麺類雑学辞典メニューへ 麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ 次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会