麺類雑学辞典
space
space
湯桶
space
space

そば湯を入れる湯桶は、そば屋になくてはならない道具のひとつである。塗り物(本物かどうかは別にして)と陶器(土瓶)に大別されるが、陶器が普及するようになったのは大正から昭和初期にかけての頃のことで、本来、 湯桶といえば塗り物だったという。つまり、 土瓶は曲げ物の代用品だったわけだ。外側は朱色か黒色だが、内側は朱塗りが一般的である。

塗り物の湯桶には、筒形の丸湯桶と角形の角湯桶とがある。好みにもよるだろうが、 色合いも温かく映える塗り物の湯桶から注いで飲むそば湯の味は格別、という人も少なくない。

そばを食べた後にそば湯を飲む習慣が江戸で広まり始めたのは、寛延(1748〜 51年)頃の江戸時代中期以降とされるが、 そば屋がそば湯入れとして湯桶を用い始めた年代ははっきりしていない。そば湯を飲むことについては書かれていても、そば湯 をどんな容器に入れて出したのかについて記した史料はないようである。

幕末頃の風俗の記録である『守貞謾稿』を見ても、そば屋のもりそば一式の道具と して蒸籠、猪口、だし汁入れ、箸、薬味皿、 盆と図入りで説明しているものの、どうしたことか湯桶とそば湯についてはまったく触れられていない。道具類に関して、かなり細かく描写している同書がなぜ湯桶を取り上げなかったのか。ちょっと解せないところではある。

space

-1-

space
麺類雑学辞典メニューへ麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会