麺類雑学辞典
space
space
うどんとうんどん
space
space
江戸時代の麺類屋を描いた絵を見ると、看板や置き行灯などに「うんどん(うんとん)」と書いてあることがよくある。実際、うどんはもともとは「うんどん」と呼ばれていたのだが、いつのまにか「ん」が略されてうどん になったという説も流布されている。しかし、文献上は「うどん」の方が古いようである。

現在のところ、うどんに関する文献で最も古いとされるのは、奈良法隆寺の記録である『嘉元記』で、正平7年(1352)5月10日の記述に、酒の肴としてタカン ナ(たけのこ)、ウトム、フ(麩)が出されたとある。もちろん、この記述だけでは、ウトムがうどんのことなのか、それともほかの食品なのかは断定できない。しかし、 当時の音からすれば、ウトムは「うとん」と読めるわけだし、元禄10年(1697) 刊の『本朝食鑑』でも、温飩と書いて「宇止牟(ウトム)」と訓じている。

この後15世紀になると、日記などに「饂飩」「温飩」「うとん」という言葉が出てくるようになる。15世紀末頃の京都・相国寺の記録『蔭涼軒日録』では、麺を指す場合は「饂飩」と書き、小麦粉を指す場合は「温飩粉」と書き分けているが、ほぼ同時代の『山科家礼記』では、小麦粉のことを、平仮名で「うとんのこ(粉)」と書いている。また、この時代には「烏飩」や「優曇」といった表記も現れるが、これらの読みも「うどん」であろう。

なお「饂飩」という表記は、南北朝時代から室町時代初期の文献である『庭訓往来』に出てくるのだが、実は「饂」という字は中国にはない日本人が作った文字、つまり国字である。

要するに、「饂飩」や「温飩」の読みはもともと「うとん」または「うどん」であり、「うんとん(うんどん)」という読み方は後に起こったものと推定されるわけだ。

space

-1-

space
麺類雑学辞典メニューへ麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会