麺類雑学辞典
space
space
討ち入りそば
space
space

毎年12月になると、赤穂浪士の討ち入りが話題になる。 そば店としては「討ち入りそば」で縁がある。

元禄15年(1702)12月14日夜、 大石内蔵助良雄率いる元赤穂藩の浪士四七 名が、江戸本所松坂町の吉良上野介義央の 屋敷を襲い、主君浅野内匠頭長矩の仇を報 いたという話は、古くは人形浄瑠璃や歌舞 伎で人気を博し、現代でも映画やテレビで お馴染みである。

この討ち入りの前夜、義士一党がひそか に江戸市中のそば屋に集まり、そばやうど んを食べたという巷説もまた広く知られる ところだろう。東京・高輪の泉岳寺や京 都・山科の大石神社など義士ゆかりの寺社 が12月14日に催す義士祭では、そばを 振る舞うのが恒例になっている。江戸時代 後記の川柳集『誹風柳多留』にも、

打の縁切のゑんにて義士はそば

という句があり、当時から討ち入りとそば、 うどんは馴染みが深かったことがわかる。 なお、一般に討ち入りの日は12月、14 日夜ということになっているが、実際の吉 良邸襲撃の時刻は日付が変わって翌15日 未明の七ツ(午前4時)であり、晴れた月 夜だったそうである。

space

-1-

space
麺類雑学辞典メニューへ麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会