麺類雑学辞典
space
space
そばと大根
space
space

最近とみに人気のあるそばの食べ方として「おろしそば」が挙げられよう。大根おろしをそばの上にたっぷりと載せて、ぶっかけ風にして出す店が多いようだが、もりそばと同じように猪口に入れたおろし汁で食べさせる店もある。

おろしそばといえば、昔から越前が本場とされる。福井市や武生市が有名だが、小浜市では「からみそば」と呼ぶ。ただし、越前そばといっても食べ方はいろいろで、大根おろしの搾り汁だけを使う場合と、おろしをそのまま使う場合とがある。味つけも生醤油だけのこともあるし、そば汁を用いることもある。薬味の花鰹と刻みねぎはほぼ共通しているといえようか。

しかし、大根おろしでそばを食べるという風習は越前だけのものではなく、江戸時代には、そばを栽培する農山村で一般に見られた食べ方だったという。そばどころ信州はその代表で、「木曽の山道とかけて打ちたてのそばと解く。心は辛味(空身)で上がれ」という謎掛けがあるほどだ。木曽では熱い灰の中にしばらく入れて辛味を出した大根の搾り汁に焼き味噌を混ぜたが、「鬼汁」と呼ばれるほどの辛さだったといわれる。これに対して、北信の上田あたりでは同様の辛汁を「真田汁」と呼ぶ。真田幸村にちなむという。善光寺平周辺では同様の汁を「おしぼり」というが、こちらはそばではなく、寒い冬の夜に食べる釜揚げうどんの汁だった。

space

-1-

space
麺類雑学辞典メニューへ麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会