麺類雑学辞典
space
space
麺の長さ
space
space

麺類に関する諺に、「うどん一尺、そば八寸」というのがある。1尺は約30センチメートル、8寸は約24センチメートル。手打ちの場合のうどん、そばそれぞれの長さの標準を示した言葉で、この程度の長さが最も食べやすいからともいわれる。

しかし、単純に食べやすいという理由だけから、わざわざこの長さが標準になったとは考えにくい。食べやすさもさることながら、それ以前の問題として、作りやすさがあったと考えられる。 実際、そばの場合は麺棒の長さが一つの根拠になっている。通常、「江戸流」で使用される3本の麺棒のうち、2本の巻き棒の長さは4尺(約120センチメートル)だ。この巻き棒の長さいっぱいの幅に延ばした生地を四つ折りにすると、畳まれた生地の縦方向(庖丁が当たる方向)の長さはおよそ8〜9寸になる。

もちろん、もっと長い麺棒を使えば長いそばができるとも考えられるし、信州などではかなり長い麺棒で大きく延す打ち方があるが、刃先のやたらと長い庖丁を使うのも大変である。江戸流のそば切り包丁の刃の長さは、約33センチメートルが標準で、このくらいの大きさの庖丁が最も使いやすいといえよう。

space

-1-

space
麺類雑学辞典メニューへ麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会