麺類雑学辞典
space
space
そうめん
space
space

祇園祭で知られる京都の八坂神社は、明治元年に改称されるまで祇園社といった。その南北朝時代の記録である『祇園執行日記』の康永2年(2243)7月7日の条に、同じ食品(麺類)を指して索餅、索麺、素麺と三通りの記述があり、これが「そうめん」という言葉の文献上の初出とされている。

これら三つの表記のうち、「そうめん」と読むのは索麺と素麺の二つで、索餅は「さくべい」と読む。

索餅とは、奈良時代初期から食べられていたわが国最古の麺で、和名で麦縄とも書かれた。いまのところ、天武天皇の孫・長屋王の邸宅跡(奈良市)から出土した木簡が、もっとも古い記録である。もともと索餅は古代中国の後漢(25〜220)や唐(618〜907)の文献にたびたび出てくる言葉で、日本へは唐代に伝えられたとされている。

ただし、索餅がどんな麺だったのか、いまだに定説はない。材料・分量、道具については平安時代中期の『延喜式』に書かれており、小麦粉と米粉に塩を加えて作る麺(米粉は混ぜないという説もある)ということは分かっているが、太さや長さ、手延べか切り麺かといった詳細は不明である。

space

-1-

space
麺類雑学辞典メニューへ麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会