麺類雑学辞典
space
space
きしめんの由来
space
space

きしめんは、漢字で「碁手麺」または「棊子麺」と書く。「碁子」「棊子」のいずれも、囲碁で使う碁石の意味である。いま「きしめん」といえば、名古屋名物の平打ちうどんだが、その名称になぜ、円盤状の碁石が当てられているのか。その由来は、未だにはっきりしていない。

碁子麺という文字が般初に壁場するのは、南北朝後期から室町時代初期(14世紀後半から15世紀の初め)頃の文献である『庭訓往来』で索麺(そうめん)とともに、点心として挙げられている。点心とは、禅寺で間食として食べられた軽い食事のことだ。

ただし、きしめんに限らず室町時代の文献には、麺の名称は書かれていても、どんな麺だったのかという説明がない。麺類の作り方がはっきりと書かれた書物が登場するのは江戸時代になって以降のことで、きしめんについては、18世紀後半成立の故実考証書『貞丈雑記』に、ようやく解説が出てくる。それによると碁子麺とは、小麦粉を水で練って薄く延ばし、竹筒で碁石状に丸く抜いたもので、茄でてからきな粉をまぶして食べたものらしい。

ちなみに、麺の先進国だった中国では宋代(10〜13世紀)に碁子麺が流行したが、こちらは方形の乾麺で、茹でて肉のスープで食べるものだったそうである。

space

-1-

space
麺類雑学辞典メニューへ麺類雑学辞典メニューへ 次ページへ次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会