そばの散歩道特集メニューへ前ページへ次ページへ
特集


スロベニアのそば料理
スロベニアでは、味を楽しむというより、量を増やすためにパンやソーセージに用られたのが発端である。



●クラクフカーシャ

そばの実を炒ってオーブンで焼いた、肉・野菜入りのおじや料理で、庶民の味として親しまれている。
ポーランドのかつての首都、クラクフの最後の女王の好物でもあったが、それはバニラやレモン、レーズンの入ったお菓子風の調理で、彼女の誕生祝いの食卓をも飾った料理である。


-6-
特集メニューへ 特集メニューへ 前ージへ 前ページへ 次ページへ 次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会