そばの散歩道特集メニューへ前ページへ次ページへ
特集


フランスのそば料理
日本でも人気の「クレープ」。その発祥国として、人気都市パリにもその専門店が数多く建ち並ぶフランスだが、中でもその発祥地、そしてその歴史というのをご存知だろうか?

フランス北西部、英仏海峡に突出したブルターニュ地方。1年を通じて晴れた日は少なく、雨と霧に覆われ、古くから酸性度が強くやせた土地であったこの地方がクレープの発祥地である。

農作業を行うには貧しすぎる土壌であったこの地で、栽培可能だったのが、ライ麦、そしてサラザンというそばだった。そして、そばの最善の食法として生み出されたのが、そば粉で作るクレープだったのだ。

小麦粉が行き渡るようになるにつれ、主食の座こそパンに移行したが、リンゴ等で作ったシードルとともに今でもこの土地の家庭の食卓を彩っている。

ここ100年の間で、小麦粉を用いたクレープが代表されるようになったが、現在、小麦粉で作られるデザート用のものを「クレープ」、そば粉で作った料理を包むものを「ガレット」というように分けられているようだ。






●ガレット


ガレット
そば粉100%のガレット
(取材協力:ル ブルターニュ

そば粉に水と塩を混ぜ合わせ、ガレトワールというふちのない大きなフライパンで焼かれたクレープ。目玉焼き、ハム、チーズを包んだり、それにトマト等を加えたものが、スタンダードな食べ方のようだ。また、生地にサワークリームや卵、オリーブ油を混ぜる場合もある。 先述のブルターニュ地方では、今現在でも専門店、そして一般家庭において日常的に食されている。




●ブリニ
(ロシアのブリヌイがフランスに伝わったもの)




ブリニはロシアのブリヌイという料理をルーツとするそば料理である。そば粉に牛乳と溶かしバターを加えて作ったクレープに、キャビアや目玉焼きなどをのせて食べる。


-4-
特集メニューへ 特集メニューへ 前ージへ 前ページへ 次ページへ 次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会