そばの散歩道特集メニューへ次ページへ


二割

日本の食糧自給率の低さは何かと話題になるところだが、ソバの自給率もかなり低く、平成に入って以降、概ね二割前後で推移している。つまり、日本で消費されるそば粉は、国産二割に対して輸入物が八割という状況が続いているわけだ。これをもって「二八そば」というなどと、笑えない冗談が囁かれているほどである。

戦後、国内でのソバの作付面積は年々減り続けていたが、ここ10年ほどは目立って増えてきている。にもかかわらず自給率が上がらないのは、反収(10アール当たりの収穫量)が上がらないからだ。とりわけ、例年にない多くの台風による被害を受けた一昨年、反収の全国平均はその10年前の半分近くにまで落ち込んでいる。

作付面積が増えているのには、昨今のそばブームの影響もあるのだろうが、いちばんの要因はコメの減反だ。水田の転換畑の特定作物に指定されたことから、ソバの田作が始まった。30年ほど前のことである。

ちなみに、水田からの転換畑で栽培したソバは品質が劣るといった話を聞くことがあるが、必ずしもそうではない。水抜きや土壌改良をしっかりと行えば、良質のソバが穫れるのも事実。実際、コメどころの東北、北陸をはじめ、ソバの田作はほぼ全国的な傾向になっている。

むしろ、今後のソバの自給率の問題としては、台風や気温の上昇、長雨など、地球温暖化による気候の変化が心配される。




「めんの数字あれこれ」メニューへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会