ボブと花子の「Eat and Speak Soba」

日本人にとって馴染みのある伝統的な料理だからこそ、食べる習慣のない他の国の人にも知ってほしいと思いませんか? 外国人の友人知人に蕎麦を英語で的確に説明できたらいいのにと思ったことのある方、これから説明する機会にめぐり合うかもしれない方、ボブと花子と一緒にLet's Eat and Speak Soba!

大山花子
大山花子
ボブ
ボ ブ
店 主
店 主
英語が得意な日本人の短大生。ホームステイに来ているボブを、自分の弟のように世話している。お蕎麦大好き。
夏休みを利用して、花子の家にホームステイに来た外国人の少年。食欲旺盛な彼は、日本の蕎麦にも興味津々。
花子お気に入りの蕎麦屋の店主。外国人のお客さんに蕎麦の美味しさを伝えるために英語の勉強に励んでいる。

第1回「オソバって何?」

先月から大山家にホームステイに来ているボブ。花子はボブを誘ってお昼を食べに行くことにしました。
>>詳細はこちら

第2回「おそばにはどんな種類があるの?」

花子の説明で興味を持った「おそば」を食べるために、ボブは蕎麦屋さんに連れていってもらうことに。
>>詳細はこちら

第3回「おそばの食べ方」

いよいよ「おそば」を食べることになったボブ。よりよく味わうために食べ方を教えてもらいます。
>>詳細はこちら

第4回「おそばはどうやって作るの?(前編)」

おそばにますます興味を持ったボブに、店のご主人はおそばの作り方をやさしく教えてくれます。
>>詳細はこちら

第5回「おそばはどうやって作るの?(後編)」

おそば作りの様々な工程を知ったボブは、そば文化の奥深さをますます感じたようです。
>>詳細はこちら

第6回「そばのいろんな食べ方」

おそばのことをとても気に入ったボブに、店主と花子はさらにいろいろな楽しみ方を紹介します。
>>詳細はこちら


トップページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会