ボブと花子の「Eat and Speak Soba」

第3回「おそばの食べ方」

そばの種類がたくさんあるように、そばの食べられ方も地域によって様々あります。初めておそばを食べる外国人には、一番オーソドックスなそばの食べ方を教えてあげるのがよいでしょう。
ポイントは、おそばをどのように食べるか、ではなく、おそばをどのようにして味わい楽しむか、にあります。最初はよく分からなくても、徐々におそばの奥深い味わいに興味を持ってくれることでしょう。

花子 花子 「私はたぬきそばにするわ」
( I'll take TANUKI SOBA.)
ボブ ボブ 「えっと…僕はざるそばをください」
( Well, I'll have ZARU SOBA please.)
店主 店主 「はい、じゃあこれから湯がいてくるので、ちょっと待っててね」
( Certainly. Please just a moment till it blanched. )
  < < 数分経過 > >
店主 店主 「はい、お待ちどうさま」
( Here you are. )
ボブ ボブ 「わー、来た来た!」
( Oh yeah, here it is! )
花子 花子 「いただきまーす。ボブ、お箸の使い方は分かる?」
( Itadakimasu! Bob, do you know how to use chipsticks ? )
ボブ ボブ 「特訓したから大丈夫!
で、おそばはどうやって食べるの?」
( I trained how to use it very hard, so don't worry!
Then tell me how to eat Osoba. )
店主 店主 「おそばはまず、香りを味わうんだ」
( Fisrt, taste a fragrance. )
ボブ ボブ 「クンクン。よく分からないや」
( Muuum. I don't get it well... )
店主 店主 「それから、おそばを一口分お箸ですくってみて」
( Second, ladle up mouthful Osoba. )
ボブ ボブ 「よいしょ。このぐらいかな」
( Okay, about this much? )
店主 店主 「そしたら、おそばをつゆに半分ぐらいつけてごらん」
( And then dip a little Osoba to soup. )
ボブ ボブ 「よっと。全部つけたらいけないの?」
( Yes. Is it not good if I all soaked it ? )
店主 店主 「おそばそのものの風味を楽しむために、つゆを全部つけないんだよ」
( To enjoy Osoba's flavor itself, it's not good to soak all of it. )
ボブ ボブ 「ふ〜ん」
( Aha. )
店主 店主 「それから、“ズズズッ”と音を立てて吸い込むように食べるんだ」
( Next, eat Osoba with a moderate noise. It's like breathe it in. )
ボブ ボブ 「ズ、ズズ、ズズズ。ムシャムシャ、なかなか難しいなあ」
( Zu Zuzu Zuzuzu. It's really difficult. )
花子 花子 「おそばは一気に“ズズズッ”と食べるのが粋なのよ。」
( It is smart to eat Osoba in one gulp with a moderate noise. )
店主 店主 「それから、おそばは消化が良いから、3口ぐらい噛んだら飲み込んでもいいんだよ。そうやって、のどごしを楽しむんだ」
( Then you may swallow Osoba because digestion is good if you bite about 3 times. And enjoy it's feeling. )
ボブ ボブ 「ズ、ズズ、ムシャムシャ、ゴクっ。ふ〜、難しいけど、なかなか美味しいね」
( It's difficult but really delicious, eh? )
店主 店主 おそばは香り、風味、のどごしで味わうんだ。
おそばを食べれば食べるほど、おそばの奥深さが分かってくるものなんだよ」
( Savor the Osoba with a fragrance, a flavor, a feeling.
You eat Osoba over and over, you will understand it's profundity. )
ボブ ボブ 「おそばってとってもデリケートな食べ物なんだね!」
( Osoba is very sensitive food, isn't it ? )

今回のキーフレーズ

おそばは香り、風味、のどごしで味わってください。
Savor the Osoba with a fragrance, a flavor, a feeling.

●主なそば料理のカタカナ表記

かけ  KAKE( soba in plain soup )
きつね  KITSUNE( deep-fried soy bean curd )
たぬき  TANUKI( tempra flakes )
月見  TSUKIMI( a raw egg on top which resembles a full moon )
鴨南蛮  KAMONANBAN( duck and green onion )
山菜そば  SANSAI( wild vegetables )
もり  MORI( plain soba )
ざる  ZARU( the same as above but with thin strips of dried seaweed )
天ざる  TENZARU( soba with shrimp tempura )
山かけ  YAMAKAKE( soba with grated yam soup )



「Eat and Speak Soba」メニューへ
お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会