そばの散歩道前ページへトップページへ
そばの花の育て方


●地域による播種期
 

 北海道 6月上旬
 東北 7月下旬〜8月上旬
 関東 7月下旬〜8月中旬
 東海 9月上旬
 上信越 8月中旬
 関西 8月下旬
 北陸・中国
 四国・九州
8月下旬〜9月上旬

※ソバは霜に弱いので、東北から九州にかけての標高の高い高冷地などでは、各地方の初霜を考慮して播種期を早めてください。





●上手に花を咲かせるには


上手に花を咲かせるには(1)


(1)花壇やプランターの土をよくほぐし、バラバラと種をまきます。


上手に花を咲かせるには(2)


(2)土を2〜3cmくらいかけて、水をやります。


上手に花を咲かせるには(3)


(3)花が咲くまで毎日、土が乾かない程度に少しずつ水をあげてください。3日ほどで芽がでてきます。


上手に花を咲かせるには(4)


(4)背が15cm程度に伸びたら根本に土寄せをします。密植すると、良い花が咲きませんので、約5〜7cm間隔に間引いてください。間引いた苗は、おひたしにして食べることができます。


上手に花を咲かせるには(5)


(5)発芽から30〜35日目くらいで、30cmほどにのび、甘い香りのする小さな花が咲きます。そばの茎は、とても柔らかいので特に風の強い地方などでは倒れそうになったら添え木をしてください。


※肥えた土なら無肥料でもよいですが、与えるとしたら家庭菜園用の配合肥料を少し土に混ぜてください。多すぎると軟弱に育ち倒れてしまいます。
※開花後そばは緑白色の実を結び、やがて完全に熟した黒褐色の種子になります。
※この種子を脱穀し製粉したものがそば粉です。


-2-
前ページへ 前ページへ トップページへ トップページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会