そばの散歩道トップページへ

第32回そばの花観察運動入賞作品発表

 一般社団法人日本麺類業団体連合・全国麺類生活衛生同業組合連合会が主催する「第32回そばの花観察運動」は、全国の小学校の子どもたちが育てたそばの花をさまざまな表現で描いた写生画が、1,370作品寄せられました。
 昨年12月23日、福岡貴彦先生(東京都図画工作研究会会長)、本間基史先生(関東甲信越静地区造形教育連合理事長)による審査の結果、最優秀賞1点、優秀賞2点、努力賞10点、日麺連賞10点、そして今年も参加校・応募作品数を高めることを主旨として佳作100点が選ばれました。  


最優秀賞
最優秀賞 作品画像


埼玉県草加市立西町小学校 4年
土田 拓
講評(本間基史先生)

 画面がそばの花と葉で埋め尽くされ、着物の模様のようですらあります。一枚一枚の葉の色の違いに目を向け、葉脈もていねいに描かれています。小さな白いそばの花と葉の対比が作品にリズムを生み、観ている人を引き付ける作品です。
 また、バックの色も絵具をチューブから出したままの色ではなく、落ち着いた色をつくっています。絵の具茎の赤い色もよく観察して塗ってあり、心憎いばかりの演出です。



優秀賞
優秀賞作品画像

秋田県能代市立鶴形小学校 2年
児玉 陽菜

講評(本間基史先生)

 はじめにそばの花をクレヨンでのびのびと描き、あとから絵の具で着彩しているため、画面に勢いがある作品です。絵の具を塗るときの筆の勢いもためらいがなく、いいですね。 手前の茎の赤い部分、遠景の風景にも目を向けているので、絵に奥行が生まれています。そばの花はひとつひとつは小さな花ですが、あつまるとボリュームがでてきます。その花の形への気づきと感動が伝わってきます。

 

 

 

 

 

優秀賞作品画像

福井県福井市美山啓明小学校 5年
小林 菜央

講評(本間基史先生)

 何よりも色使いがすばらしい作品です。パレットの上で、納得するまで色をつくっている様子が伺えます。特に葉と茎と葉脈の同じ緑でも違うところ、空の水色にこだわっています。絵の具の水分量が適切で、色も混色しすぎてはいないので、清々しい透明感のある絵となっています。花のめしべ、おしべまでよく観察し描かれています。
 5年生ですでに自分の色をもっていることに感心します。

 

 

 

 

努力賞・日麺連賞はこちら >>

お知らせ目次へ そばの花観察運動目次へ トップページへ トップページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2017(一社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会