そばの散歩道トップページへ

第30回そばの花観察運動入賞作品発表

 一般社団法人日本麺類業団体連合・全国麺類生活衛生同業組合連合会が主催する「第30回そばの花観察運動」は、全国の小学校の子どもたちが育てたそばの花をさまざまな表現で描いた写生画が、1,116作品寄せられました。
昨年12月23日、福岡貴彦先生(東京都図画工作研究会会長)、本間基史先生(東京都図画工作研究会参与)による審査の結果、最優秀賞1点、優秀賞2点、努力賞10点、日麺連賞10点、そして今年も参加校・応募作品数を高めることを主旨として佳作100点が選ばれました。
 


最優秀賞
最優秀賞 作品画像 福井県福井市宝永小学校 4年
池田 結哉
講評(本間基史先生)

そばの花、背景の花壇のフェンス、画面奥の樹木と遠近感を感じさせる構図が見事です。絵の具の水の量を変えることによって、色合いを調節し、花や葉っぱの微妙な色の違いにまで目を向けて着色しています。混色して自分の色をつくる際も、色が濁らないように留意していることが伺えます。
結哉くんの繊細な感覚が画面から溢れていてやさしい
作品です。

 

 



優秀賞
優秀賞作品画像

石川県金沢市立不動寺小学校 5年
山口 椋平

講評(本間基史先生)

画面いっぱいにそばの花で溢れた構図が見事な作品です。また、鮮やかなそばの花の色と赤茶色い茎の色、色の幅のある葉、暗い地面の色とコントラストが見事なため、そばの花が目に飛び込んできます。また絵の具でさらっと描いた背景と濃い絵の具で描いた花との濃淡の差によって画面に奥行が感じられます。
小学5年生ながら画家のような、大人顔負けの作品に仕上がりました。

優秀賞作品画像

長野県飯山市立東小学校 2年
品澤 壮志郎

講評(本間基史先生)

低学年の作品らしく、のびのびと元気いっぱいに自分の感じたことが画面から伝わってきます。また、そばの花の茎の付け根の色の変化
や、背景の山並みに見える家々、葉っぱの上の虫たちなど、細かいところまで気を使って表現していることがわかります。山のクレヨンによる色の塗り重ね、背景の水色と青色のストロークなど観察画としても、一枚の絵としても優れた作品です。

 

 

努力賞・日麺連賞はこちら >>

お知らせ目次へ そばの花観察運動目次へ トップページへ トップページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2015(一社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会