そばの散歩道トップページへ
そばの史跡探訪
 

●東京都
一休橋(文京区)



一休橋 まず、「一休名残蕎麦」があったとされている一休橋を訪ねた。場所は文京区関口。江戸川橋と呼ばれている一帯だ。ところで、千葉県との境界をなしている川も江戸川というが、その川とは異なる。
三鷹市にある井の頭弁天池を水源に、東に流れて隅田川へ注ぐ神田川の、この辺りの別称だ。

この流れに沿って江戸川橋から早稲田方向に広がる江戸川公園を歩いていくと、いくつか橋が架けられているが、一つ目が一休橋。江戸川公園側には「いっきゅうばし」という看板があった。川を泳ぐコイの群れを眺めながら橋を渡ると、看板は「一休橋」。そのたもとに「一休橋の由来」の碑があった。

石に彫ったその文字は判読しにくかったので、ここは文献の力を借りよう。それによると碑文はこうだ。『一休橋の由来明治初年まで此の付近に関口橋あり、土俗一休橋と称へたり。橋の名は新編江戸誌に依れば橋畔に一休名残蕎麦なる名物ありしにより其の名起こりしと。』一休名残蕎麦とは何だろう。結論をいうと、これといった定説はないようだ。
ただ、この辺りは江戸、明治のころは遊覧船も浮かぶ花の名所で、観光地だった。

また、上流の大滝橋付近にはかつて堰があり(大洗堰)、樋を引いて水車を回していた。水車小屋で挽いたそば粉があり、遊山の客がいれば、名物とうたわれたそば屋があってもおかしくはない。


 

  トップページへ トップページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会