そばの散歩道そば屋メニュー紹介のメニューへトップページへ
そば屋メニュー紹介

天ぷらそば

天ぷらそば


 
そば店と天ぷら店の天ぷらの違いは、そば店のものは衣が厚くて揚げ置きしている点です。そば店の天ぷらの衣が厚くなったのは、汁を厚い衣によく染み込ませてほどよい味にするためと、味つけのために少々煮込んでもはがれる心配がないようにするためです。また揚げ置きは、油のにおいでそばの風味を壊さないようにするためといわれています。とはいえ、最近は揚げたてで衣も薄め、煮込まないものが一般的になっているようです。ちなみに、温かいかけそばに天ぷらをのせた「天ぷらそば」は江戸時代生まれ、もりそばと天ぷらを組み合わせた「天もり」は昭和生まれのメニューです。

 

そば屋メニュー紹介のメニューへ そば屋メニュー紹介のメニューへ トップページへ トップページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会