そばの散歩道そば屋メニュー紹介のメニューへトップページへ
そば屋メニュー紹介

たぬきそば

たぬきそば


 
天ぷらの揚げ玉を散らしたかけそばが、東京でいう「たぬきそば」で、大正時代に生れたといいます。その名称の由来には、その色合いやこってりとした味からイメージされたという説や、揚げ玉とネギ以外に種らしいものが入っていないことから「たねぬき」となり、それが転じて「たぬき」になったとする説があります。また、「はいから」とか「揚げ玉そば」と呼ぶ地方もあります。揚げ玉は「てんかす」「揚げだまり」ともいいますが、かけそばに入れるとパーッと散り広がることから、第一次世界大戦の時代には、時局を反映して「バクダン」とも呼ばれました。

 

そば屋メニュー紹介のメニューへ そば屋メニュー紹介のメニューへ トップページへ トップページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会