そばの散歩道そば屋メニュー紹介のメニューへトップページへ
そば屋メニュー紹介

きつねそば

きつねそば


 
薄甘く煮た油揚げをのせるそばが、いわゆる「きつねそば」。油揚げを種に使うそば、江戸時代の文献の中で「信田(しのだ)」という名で見られます。信太山(大阪府和泉市)の森の女狐が安倍保名と結婚して有名な陰明師、安倍晴明を産んだという伝説が名称の由来です。「しのだ」は「篠田」「志乃田」とも書き、現在も「きつね」異称として使われています。ところで、大阪では「きつね」はうどんのメニューを指し、油揚げがのっているそばのことを「たぬき」と呼んでいます。また、地方によっては「稲荷そば」と呼ぶこともあります。

 

そば屋メニュー紹介のメニューへ そば屋メニュー紹介のメニューへ トップページへ トップページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会