そばの散歩道そば屋メニュー紹介のメニューへトップページへ
そば屋メニュー紹介

鴨南蛮そば


鴨南蛮そば


 
「鴨南蛮そば」は、合鴨(マガモとアヒルの雑種)の肉とネギを種にしているかけそばのことです。江戸時代にネギのことを「南蛮」と呼んでいたことが、そのままそば店のメニュー名で受け継がれているのです。では、なぜネギを南蛮と呼ぶのでしょうか。もともと南蛮とは、中国からみて野蛮な地域とされたインドシナなど南海諸国のことをさす言葉で、その影響からか、江戸時代の日本でも南洋の国々を南蛮と呼び、また、その地を経由して来る外国人を南蛮人と呼んでいました。また、南蛮人がネギをよく食べたことから、ネギを南蛮と呼ぶようになったともいわれています。

 

そば屋メニュー紹介のメニューへ そば屋メニュー紹介のメニューへ トップページへ トップページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会