そばの散歩道そば屋メニュー紹介のメニューへトップページへ
そば屋メニュー紹介

かけそば

かけそば


いま私たちが食べているようなそば(そば切り)は、江戸時代初期に生まれ、もとも と汁につけて食べるものでした。元禄(1688〜1704年)の頃からか、これを面倒くさ がる男たちがそばに汁をかけて食べるようになったといいます。この手軽な食べ方を 「ぶっかけそば(かけそば)」と称して売り出したのが、江戸は新材木町にあった 「信濃屋」。人足たちが立ったまま食べられるように冷やかけにして出し、寒い季節 になるとそばを温め、熱い汁をかけて出しました。これなら器一つですむということ で重宝がられ、一般にも大いに広まりました。

 

そば屋メニュー紹介のメニューへ そば屋メニュー紹介のメニューへ トップページへ トップページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会