第45回

2度の悲劇を乗り越えて、明るく生きる蕎麦屋一家が、ただ今、ムコさん募集中

にっぽん蕎麦紀行 写真・文/旅行作家 富永政美

厄除大師とアウトレット

「初詣は佐野厄除大師…」。年末になると、関東地方のラジオ・テレビには、そんなCMが頻繁に流れる。

栃木県佐野市の「惣宗寺」(そうしゅうじ)は天台宗の古いお寺で、寺内に慈慧大師を祀るお堂がある。それが「佐野厄除大師」で、安全と開運祈願には絶大な御利益があるとされている。
江戸時代の佐野は、日光例幣使街道の宿場町として、また渡良瀬川から利根川経由で江戸に通じる舟運の湊町として栄えた。
佐野には古くから鋳物・陶芸・織物・ひな人形・飾り掛け軸などの優れた技術が生まれ、それが今日まで伝えられている。
そんな佐野に03年の春、壮大な「アウトレット」がオープンした。それはアメリカ渡来の婦人服市場。東北道の佐野藤岡インターを出ると、原野の中に国籍不明の巨大施設が蜃気楼のように浮かび上がり、日本語の看板が一つもない作り物の街に、100軒を超えるファッションの店が軒を連ねている。


佐野厄除大師として有名な 『惣宗寺』

佐野厄除大師として有名な 『惣宗寺』

女性に人気の『アウトレット』

女性に人気の『アウトレット』


-1-


蕎麦紀行メニューへ 次ページへ

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら
copyright(c)1998-2007(社)日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会